Post

        

荒川区の条例について

category - Weblog
2008/ 09/ 27
                 
これは、私が良くお邪魔させて頂いている方のHPで知ったものです。

東京都荒川区が「荒川区良好な生活環境の確保に関する条例(仮称)」なるものを制定しようとしています。


*****************************************
区民等に対する禁止事項として、以下の事項を定めます。
・自ら所有せず、又は占有しない動物にえさを与え、その鳴き声、ふん害、臭気、羽毛、威嚇行為により、周辺住民の生活環境に係る被害を生じ、かつ、複数の周辺住民から苦情の申出等により住民間で被害に関して共通の認識になっていること
(以下省略) 」
*****************************************

もし、餌やりを止めろという勧告に従わない場合は「氏名公表することができる。」、さらに罰則として最高10万円の罰金が科せられます。

そして、ここに該当する動物の例として、「カラスや猫」があげられています。


確かに、可哀想だからご飯を・・・って言うのには、問題があると思います。
食べ終わった後の片付けもせず、糞尿の始末なども知らん顔では、その地域にお住まいの方の中には、迷惑される方もいらっしゃると思います。
だからといって、これで済むことなのでしょうか?

私の住んでいる地域では「地域猫活動」と言うのが行われています。
ボランティアの方々が、猫達へご飯を提供し、後片づけやトイレの始末もし、去勢避妊手術をして、妊娠・出産を防ぐことで、野良猫の数を減らしています。
それには、地域の方々や、行政の協力が必要なことだと思います。
荒川区では、この方法を試してみたりは出来ないのでしょうか?

荒川区では、パブリックコメントを募集しています。
 
*****************************************
▽パブリックコメント期間
平成20年9月21日(日)~10月14日(火)

▽応募方法 
・郵送、ファクス又は電子メールで、住所・氏名・年齢・御意見をお知らせ下さい

▽応募・問合せ
環境課 〒116-0002 荒川区荒川2-1-5セントラル荒川ビル4階
電話03(3802)3111内線482 ・FAX 03(5811)6462
電子メールアドレス kankyou@city.arakawa.tokyo.jp


↓荒川区のホームページ
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/a001/b009/d02400072.html

どうか、自分の意志とは関係なく、野良として逞しく生きている猫達の為に、一言お願いします。
そして、彼らに、安心して生活出来る場所が、ひとつでも増える事を祈るばかりです。




スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント