Post

        

美容液マスク

category - 3nyan's Movie
2007/ 10/ 20
                 
お肌のかさつきが気になる季節になってきました。
夕べ、ふと思い出して、大分前に買った美容液マスク(美容液がタップリ染みこんだ紙みたいなのを顔全体に貼り付けるヤツです)をお風呂上がりにやってみたんです。
ビチョビチョの紙を顔に貼り付け、しばしボンヤリ。

そんな私の様子を見た3にゃん。
麗は、「今更そんなことをしたって 無駄なのに」と冷たい視線。
にゃん太は、通りがかりに私の顔を見て、一瞬ギョッとしたものの「何も見なかったことにしよう」とどこかへ行ってしまった。

面白かったのが明です。
お風呂から出てきて、すぐに布団に入ろうとしない私が、一緒に遊んでくれると思ったらしく、嬉しそうに走ってきたけど、私の顔を見た途端その場で立ちつくし、後ずさり・・・後ずさり・・・。
「こんなの、こんなのお母ちゃんじゃない!」って思ったのか、「ふなぁ~ん」と一声鳴いて、走り出し、タンスの一番上まで駆け上がり、「落ち着くのニャ、あたち」と毛繕い。
気を取り直して降りてきて、私の足にスリスリして必死に自分の匂いを付け初め「お母ちゃんだよね、お母ちゃんなんだよね」と喉をゴロゴロさせるものの、私の顔を一切見ようとはしない。
匂いは付けたけど、やっぱり納得いかなかったのか、今度は敷いてある布団の毛布の中に潜り込もうとするんだけど、巧く潜れなくて、頭隠して尻隠さず状態。
そんままの体勢で、時々「なぉ~ん・・・」と情けない声で鳴いていました。

20分ほどして、私がマスクを取って、乳液を塗りおえると、毛布から顔を出し、「ああ、お母ちゃ~~~ん!!!」と、何年も生き別れになっていた親子のように再開を喜び合う私達。
その後、仲良く布団に潜り込み、グッスリ眠りましたわ。

今朝になると、美容液の効果が少し出ていたぞ。
明のパニックが無駄になりませんでしたね。

今日の活動写真
 デジカメについている肉球根付けを3にゃんに見せ、
 それを左右に動かしてみると・・・。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント