Post

        

熱帯の夜

category - 3nyan's Movie
2006/ 07/ 15
                 
夕べ、旦那さんは宴会。

3にゃんと遊んだり、TVでスタローンの映画を観たりと楽しく過ごし、1時頃3にゃんと共に寝ました。
「静かだねぇ」なんて言いながら。

3時頃、玄関のカギが開く音が。旦那さんのご帰還です。
どうしてもうちょっと早く帰って来れないんでしょうかねぇ・・・。

静かだった部屋の中が一変。
旦那さんがあっちこっちにぶつかる音や、物を倒す音で完全に目が覚めちゃった私と3にゃん。
一旦自分で消した電気を、また点けたくなったのか、壁をペタペタ押す音がして、私が起きていって電気を点けると、
「あれ?しょこだったんだぁ~。なんにも見えねぇやぁ~」
と、満面の笑みの旦那さん。
どうやら、相当ご機嫌らしい。
こっちは、思いっきり不機嫌なんだけど。

「お父しゃんは楽しそうだし、目も覚めちゃったし、暑いし、遊んじゃえ」と始まっちゃう3にゃんの追い駆けっこ。
追い駆けっこが終われば、当然の様にトイレタイム。
片方のトイレを私が片付けていれば、もう片方で、誰かが砂をザカザカ。

トイレも済んで、スッキリしちゃったモンだから、また始まっちゃう追い駆けっこ。
何とか布団までたどり着いた旦那さんは、意味不明な寝言を連発。
夢の中で、まだ飲んでいるらしい。
寝言が済めば、鼾の轟音。
布団に顔を押しつけちゃっているから、「ブヒィ~!!!ブヒィ~!!!」って・・・。
うちにミニブタさんは居ないはずだが。
あんまり煩いから「やかましい!!!」って転がしてみたら、少し静かになり、その頃になると、追い駆けっこでくたびれた3にゃんが私の布団で眠りはじめ、私も暑さで疲れ切り。
熱帯の夜は、白々と明けていくのでありました。

今日の活動写真
 「水入れがちょっと邪魔だなぁ」 BY にゃん太
 横着するから・・・向こう側に行って食べたらいいのにね。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント