Post

        

入り口=出口

category - 3nyan's Movie
2006/ 05/ 13
                 
例えば、部屋の窓が2ヶ所開いていたとします。
そのどちらか(仮に窓Aとしましょう)からベランダに出てきた明は、必ず窓Aから部屋に戻ってきます。
例えもう一ヶ所(こちらは窓Bとしましょう)が開いているって分かっていても、どうしても窓Aから戻ってきます。

何かのはずみで、私がうっかり窓Aを閉めてしまったりすると、明は大慌て。
「しっ!閉め出されちゃったぁ~!!!」とベランダをウロウロ。
窓Bが開いているのを確認していると思うのですが、窓Aにこだわり、窓Aの前で「みゃうぅ~ん」と情けない声で鳴きます。

私が窓Bから「ホレ明、こっちからおいで」と声を掛けてあげると、
「あ~ん、母ちゃぁ~ん」と必死に走ってきて、ようやく安心したように窓Bから部屋に入ります。
それも、何やら恐る恐るという感じ。
どっちから入ったって、同じ部屋の中なのにねぇ。

そんな明を今一番悩ませているのは、あのシャカシャカトンネル。
トンネルの片側から覗いた向こうの世界は、明にとって異次元空間らしい。
途中まで入るものの、後ずさりして戻ってしまいます。
覗いている反対側から、私がおもちゃを振ってみせると、取りたいんだけどトンネルの中を通過する気になれない明は、わざわざ出てきて、トンネルを迂回して、取りに来ます。
中をズバッと、にゃん太みたいに通ったら、きっと楽しいのに。

勢いで通り抜けたこともあるんですよ。
不思議そうな顔をしていましたが。

明にとっては「入り口=出口」なんでしょうね。

いつか、あっちもこっちも繋がっているから大丈夫って事が分かる日が、来るのだろうか?

そんな最近の明のブームは、畳んだ洗濯物の上に座ることらしい。

今日の活動写真
 ブログの内容とは全く関係ない、にゃん太。
 旦那さんに後ろから小突かれています。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント