Post

        

集配クリーニング

category - Weblog
2006/ 04/ 22
                 
何度かお話ししたことはあるかもしれませんが、うちは山の上。
以前は同じ山の上にクリーニング取次店があったんですが、2年程前に閉店してしまいました。
それからは、荷物を抱え、階段を下り、山の下のクリーニング屋さんに行ってたんです。
一番近いところは、ちょっと料金が高いので、更に歩いていつも行っていたスーパーの2階にあるクリーニング屋さんに行ってました。
が、ここも、スーパーの閉店と共に、やっぱり閉店。
私が行くクリーニング屋さんは、閉店の憂き目にあうのでしょうか?

そろそろ、コタツの布団やコート類をクリーニングに出したかったんです。
それで、今回初めて、集配してくれるクリーニング屋さんを利用してみることにしました。

タウンページで何軒か調べ、そのうちの一軒にお願いすることにしたのが水曜日。
受付の方もとっても感じが良いんです。
「そちらの地域の担当の者から、集配の日時を決める電話をさせていただきます」とおっしゃり、私はその電話を待つことにしました・

が、かかってこない・・・。

結局水曜日は音沙汰無しで、翌日の木曜日、もう一度私から電話してみました。
出たのは前日の受付の方。
そんなに気にしなくても良いよ、って言ってあげたくなるぐらい恐縮しちゃって、
「とにかくすぐ、担当の者にお電話させます」っておっしゃる。
また、待ちました。

5分ほど経つと、その受付の方から電話がありました。
「今日は担当の者が出払ってしまって、どうしても行けない。明日で良ければ」って事で。
まあ、急いでいるわけではないので、明日の2時以降に「Aさん」と言う方が取りに来てくれることにきまりました。
ああ、やれやれ。

その5分後、今度は「Aさん」から電話がかかってきました。
明日来るんだけど、場所が分からんそうで・・・。
何で?この地域の担当じゃないの?
不思議に思いながらも、とりあえず目印になる建物を教えたのですが、その目印になる建物自体が分からんと・・・。
大きな建物なんですよ。地図なんかにはバッチリ載っていることでしょう。
とにかく調べて来てみて、分からなかったらまた電話するって事になったんですが・・・。

その5分後、今度は「Bさん」って方から電話が。
今から、取りに行きますっておっしゃる。
おいおい、さっき「Aさん」と電話で話したばかりだぞ。
来てくれるなら早いほうが良いかもしれないけど、それならそれで、「Aさん」にちゃんと伝えてくれないと、明日来られても出す物がない。
その私の心配を伝えると、やっぱり明日「Aさん」が行くことにしますとおっしゃった。
それならそれでいいんですけどね。一体・・・どうなってるの?

そして翌日金曜日の午後1時過ぎ。
また電話がありました。
その相手は「Aさん」でも「Bさん」でもない、また別の「Cさん」。
近くまで来ていると思うけど、場所が分からないそうで・・・。
はぁ・・・。

もう一度目印になる大きな建物の話をしたら
「それは○丁目ですよね?」と聞き返されたので、「そうですよ、うちは○丁目です」って答えたんですが・・・「Cさん」が受付の方から渡されたメモには△丁目と書かれていたそうな。

それじゃあ「Cさん」はもちろん、「Aさん」だって分からないはず。
住所、違うんだもん。

ようやく我が家にやってきたのは「Cさん」。
ココで事情が分かりました。

私から、水曜日の電話すっぽかしを聞かされた受付さん。
相当焦っちゃったみたいで、色んな人に声をかけちゃったんですね。
その中の「Aさん」が来ることにはなったんだけど、それが伝わって無くて「Bさん」まで名乗り出てきてしまった。
「Aさん」はうちの場所が分からない。
「Cさん」はうちの地域の担当ではないけど、いつも通る道なので分かるから代わりに行ってあげようって事になったそうですわ。
ただ「Cさん」は別の地域に行かなければならないので、2時以降にうちに来たのでは間に合わず。だから1時過ぎに来ちゃったワケです。

何はともあれ、無事来てくれたんだし、料金も思っていたほど高くなかったし(山の下のお店より安いかも)、コタツ布団は薄めなので500円値引きしてくれたし、どうでも良いんですけど・・・。

うちのアタリの担当。
その人が電話を忘れなかったら、こんな事にはならなかったのにね。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント