Post

        

夜中の腹痛

category - Weblog
2006/ 02/ 16
                 
数年前、夜中に腹痛で目が覚め、それが朝にかけてドンドン酷くなり、結局救急車で運ばれるなんて事があったんです。
なんでも、内臓の働きが悪くなっていたそうで。
丁度夏の暑い盛り。仕事も忙しかったし、疲れていたんでしょうね。
よくある事だそうですよ。もっと前に、旦那さんも同じ様な事があったし。

入院した方が早く治ると言われたのですが、家で留守番しているにゃん太(当時はまだひとりっこだった)が心配で、「多分大丈夫」と言って帰って来ちゃったんですけど、大丈夫では無かったです。
にゃん太のお世話をする以外はずっとひっくり返っていたし、数日間はご飯も食べられなかった。水分ばかり、摂っていたなぁ。

夕べまた、腹痛で目が覚めました。
あの時と同じだ。やばいぞ・・・。
少しでも内臓が動きますようにとお腹をマッサージしてみたものの、これ自体が痛い。ちょっと触っただけでも、カチカチに固まっているお腹は拒絶してくれるんですよ。
それでも、そ~っとマッサージを続けながら、流れ出る脂汗に耐え、何か他のことを考えようと。

にゃん太は何処にいるんだろう?
ああ、布団に潜り込んでいるなぁ。暑くないのかなぁ?
麗と明は?
あれれ、いつの間にか私の掛け布団の上で一緒に寝ているよ。
今日は昼間良く遊んだもんねぇ・・・。
いきなり暖かくなったから、内臓もビックリしているのかも。

そのうち考える事も無くなって、頭の中で歌なんぞ歌いながら、朝を迎えました。

前回のように立ち上がることも出来ないって程では無かったので、いつも通りには活動。少々前傾姿勢にはなってたけどね。
昼を過ぎてもまだ少し痛いけど、大分楽になってきたし、これなら大丈夫そうだ。
食欲は全くないので、晩ご飯は何か消化の良いものにしようかなぁ。

今日は雨。昨日みたいに晴れていたら病院も行ったんだけど、近くの内科は木曜日は休診なんだ。これなら家で寝ている方が安心。途中で動けなくなったら大変だもんね。
明日には、治っているかなぁ。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント