2015/08/11

Post

        

国芳さんと岩合さん

category - 3nyan's Photograph
2015/ 08/ 11
                 

横浜そごうで、「歌川国芳展」と「岩合光昭 写真展 世界ネコ歩き」が同時に開催されていて、そごう内にも猫アイテムが沢山あると広告で見て、こんな機会はたぶん滅多にないぞ!!!と、暑い中出かけて参りました。

歌川国芳と聞けば、『猫』ってイメージだったのですが、武者絵で人気が出た人だったんですねぇ。最初に展示されていた三国志の挿絵は、小さい作品ではありましたが、迫力がありました。体中に入れ墨も、凄いよねぇ。

猫に関する作品も、楽しく拝見。

でも、一番気に入ったのが、タイトルは忘れちゃったんですけど、お茶屋さんで女性3人が並んでいる作品。
どの女性も、生き生きしていて、とても素敵でした(もしかしたら「程よし茶屋夕景の図」かも)。

お化けの作品もあったり、ちょっと○ッチな感じの作品もあったりで、とてもユーモアのある、豊かな感性の持ち主だったのでしょうね、国芳さんって。


で、岩合さん。

こちらも、人気ありますねぇ。結構な人出でした。

背景が綺麗で(ご本人も、背景を大切にしている)とおっしゃっていましたが、写真って、確かに背景が大事だよなぁって実感。ワンルームの我が家ではねぇ・・・。

世界各地の猫さん達。パリの猫さんは、どこかお洒落な感じがしたり、台湾の猫さんは愛嬌たっぷりだったり、美しい景色の中で、猫さん達がノビノビ暮らしているのは、観ていて楽しくなってきます。
思わず、ポストカードを買ってしまったよ。

ついでに、今年はまだ、自分の誕生日プレゼントを買っていないことに気がつき、猫さんモチーフのブレスレットを買って来ました。
プレートに、さりげなく猫さんが彫ってあるもので、とても気に入ってしまって、買っちゃった♪。

と、猫さんづくしの一日でした。

「国芳さんも、岩合さんも、私をモデルになさい。
 きっと、良い作品になるに違いないわ」 BY 麗

あなたの、その自信は、どこから出てくるのやら。流石、女帝・麗。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント