2014/09/11

Post

        

芸術と読書の秋にしようと思っています

category - 3nyan's Photograph
2014/ 09/ 11
                 

先日、「ヨコハマ トリエンナーレ2014」に行ってきました。
3年に一回行われる、現代アートの展示会です。

現代アートって、良く分からないものが多いかもしれないのですが、実際分からないものが多いんですけど(笑)、深く考えずに観て楽しむで充分だと。
そんな中で、このトリエンナーレは、初回からずっと楽しませてもらっています。

今回は「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」ってサブタイトルみたいなのがついているのですが、正直、これについても、良く分からない状態で行ってみたのですが「華氏451」って小説があるんですねぇ。
知りませんでした。
焚書の話なんですけどね。

で、展示会の作品の方は、やはり、良く分からないものだけど、それでも何だか面白いものあり、心にズシンと来るものあり。
中でも、最高!!!って思ったのが、猫へのインタビューをしているものでした。

真っ暗な部屋の中に、黒いテーブルとイスが2客あって、それ以外は何もなく(人も猫もいません)音声が流れているんですが、人間が猫に芸術に関してのインタビューをしていて、それに猫が、時には長々と、時には簡潔に一言「ニャァ」と答えているだけなんですが。
途中から、質問が変テコリンになってきても、律儀に答える猫。
聞いているだけで、笑いがこみあげてきちゃって、こらえるのに必死でした。他にも、観ている人(聞いている)人が居ましたから。

今回は、お持ち帰り出来る作品もあるんですよ。珍しいですよねぇ。


色々な作品を大いに楽しんだ後は、山下公園周辺を散歩して、リフレッシュしてきました。

そして、興味が出てきた「華氏451」を読んでみました。

なかなか縁の無い文体と言うか、表現と言うか、少々頭がクラクラする感じでしたが、こんな未来は絶対に嫌だって思いました。
それを表現している作品も、展示されていましたよ。

11月初めまでやっているので、興味のある方は是非、ご覧になってください。


「読書だ・芸術だって言っておきながら、きっと食欲の秋になるのよ」 BY 麗

う~ん、よくぞ見抜いた、麗ちゃんよ。
たぶん、なる。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント