2014/09/05

Post

        

夏の終わりの切ないお話

category - 3nyan's Photograph
2014/ 09/ 05
                 

暑い・・・蒸し暑い・・・。

数日涼しい時があったので、かえって辛く感じます。

でも、やはり、夏は終わりに近づいているんですよねぇ。


こんな時期に、何となく思い出す映画が「アイ・アム・レジェンド」で。

ウィル・スミスさんが主演の映画で、ウィールスだか何だかで、人間が皆ゾンビみたいになっちゃって、一人だけ、街に取り残されてしまった人が、どこかで無事で居る人達が居ると信じて、電波を発信し続けるってお話なんですけど(いや、ちょっと違ってるかもしれないけど)。

なんでこの映画なのかと申しますと、この時期になると、蝉の鳴き声が、1匹だけってことがありますよね。

もしかしたら、最後の1匹かもしれない。
他の蝉達は、もう、7日間の地上での生活を終えて、子孫を残せたり残せなかったりして、命が尽きているかもしれない。
でも、残った彼は、最後の時まで、必死に鳴き続けるんですよねぇ・・・。
もう、それに答えてくれる仲間は居なくても・・・。

なぁ~んて事を、何故か毎年思うんですよ。

なんとも、切ないお話です。

「夏の終わりって・・・何だか寂しくなるよねぇ」 BY 明

ホントだねぇ。
春や秋や冬には無いことだよね。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント