2013/08/01

Post

        

読書の夏

category - 3nyan's Photograph
2013/ 08/ 01
                 

8月になったのに、なんとなく、夏を感じない今日この頃。
少し暑めの、梅雨の様。日傘の出番が、あまりありません。
夏らしい、青い空にギラギラの太陽は、一体どこへ行ってしまったんだろう?

ちょこちょこと、入院していた病院へ行ったり、歯医者に行ったりしていました。
ついでに、買い物をしてみたり、映画を見たり。
でも、最近、一番やっていることと言えば、読書。

新しい本も買ってはいるのですが、以前読んだ本をもう一度読み直してみたりもしています。

今、はまっているのは、坂木司氏と、伊坂幸太郎氏の作品です。
坂木氏の作品は、日常にある、ちょっとしたことの中に隠れているミステリーみたいなものが多くて、登場する人物が、なんとなく、皆、暖かい感じがする人たち。
読み終わると、ホンワカした気持ちになったり、ちょっとやるせなくなったり。
「和菓子のアン」など、本屋さんで見かけると思います。

伊坂氏の方は、もう、読んでいて「これは一体何なんだ!?」と、スピードについていけなくなることもしばしばで(これは、私だけなのかもしれませんが)、時間が行ったり来たりしたり、あれとこれとが繋がっていたり(わけ分からないでしょ?)。

こんな感じで、全く違う二人の作品なんですけど、ちょっとだけ、共通点があります。
違う物語で登場した人物が、他の物語にも出て来たりするんです。
それが、主役級の時もあれば、電話で「○○さん」って名前が出てくるだけの時もあったりと、色々なんですが、「ああ、あの人、元気なんだ」とか、「ええ!!!あの人だったんだ!!!」とか、読みながら思わず声に出てしまったりして、で、以前読んだ本をまた読んでみたりしてしまう。

それと、お二人とも、映画がお好きらしく、物語の中に映画の事がちょっと出てきたりします。

面白いです。

あと、一ヶ月お休みがあります。
私にとっての夏休み。お腹はまだ少し痛むし、お腹の中の血腫は、大きくもなっていないけど小さくもなっていない。
あまり、活動的になれない日々ではありますが、本の世界で、楽しみたいです。

ただ・・・

私が本を読んでいると、露骨に退屈そうな様子になる明。

「つまんない!!!遊びたいにゃ!!!」 BY 明
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント