2013/07/11

Post

        

ただいま!!!

category - 3nyan's Photograph
2013/ 07/ 11
                 

退院してまいりました。
ご心配いただいて、ありがとうございました。

術後の経過は、今のところ順調です。
卵巣腫瘍は良性で、癒着しているところも、割と取れたそうです。
少しだけ残っちゃったところがあるそうなんですが(1センチぐらいのが2か所)、それを無理に取ってしまうと、腸に傷が出来てしまうので、それを避けた結果だそうです。
でも、その残っちゃったところが、今後、何か問題を起こすことは無いだろうとのこと。
盲腸も、外見からは異常は見つからなかったそうで、それよりも、その辺りの癒着が結構ひどかったみたいで、無理に盲腸を取ると、やはり、リスクがあるとのことで、残したそうです。
う~ん、盲腸は取って欲しかったけど、まあ、問題無いそうですから、良いですよね(私、寝てたからねぇ・・・)。

麻酔から目が覚めてからは、兎に角暑くて、酸素マスクは苦しいし、前回の手術の時より、この暑さと、息苦しさと、腰痛が辛かったですねぇ。前回は、殆ど寝てたんだけど、今回は、一晩寝られなかったもんなぁ。
酸素マスクや、足に着けていたマッサージ器(血栓を防ぐものです)を取ってもらった翌朝は、本当に解放感でいっぱいでした。

3にゃんは、しっかりお留守番。
心配だった暑さ対策は、キャットシッターさんが午前中に来てくれて、エアコンをタイマーセット(夕方から夜には切れるように)してくださったので、大丈夫だったみたいです。
水も、沢山用意してくれていたし。
本当に、助かりました。
3にゃんも、少しずつキャットシッターさんに慣れてきたようで、リラックスしていた様子です。
次回は、入院とかでなく、もっと楽しいことでお願い出来たらなぁって思います・・・って、前回も思ったんだよな・・・。

家に帰って来て、最初に走り寄って来てくれたのは、麗でした。
前回は逃げ回っていたのにねぇ。
にゃん太は「おお、帰ったか」って感じだし、明は、何だか拗ねちゃっていて、「知らないもん!お母やんなんて、知らないもん!!!」って感じ。
ベッドを用意したら(私のは折り畳みなので)、まずはにゃん太が「一緒に寝るのだ」とやって来て、麗が「私もぉ~」と来て、最後に明が「あたしだって、一緒に寝るもん!!!」って感じで「うなぁ~」と鳴きながらやってきました。
もしかして・・・君たちが待っていたのは、このベッドだったりして・・・。

なかなか、感動のご対面って感じにはならないもんですね。

また、仕事を休んでしまうなぁ。
復帰は9月になりそうです。

「私ね、一番にらん母に良い子良い子してもらったのよ」 BY 麗

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント