2015/10/26
2015/10/16
2015/10/09
2015/10/05
2015/10/01

2015年10月

        

働くお兄さん

category - 3nyan's Photograph
2015/ 10/ 26
                 

東京では木枯らし1号も吹いて、今朝も結構冷えました。
それでも日中はポカポカ陽気。
現在窓は、全開ですが、丁度良い気温です。

そんな中、我が家はグラグラ揺れている・・・。
地震ではなく、近所で工事をしているから。
そんなんで、こんなに揺れて、大丈夫なのか?ここ・・・。




現場で、働くニッカボッカ姿のお兄さん達。

その、お兄さん達に、熱い視線を向けているのは、恋に生きる女・麗。


彼女、働くお兄さんが大好き。

たぶん、お兄さんたちが近づいてきたら、怖くて逃げちゃうんだろうけど、遠くから眺めている分には、もちろん平気。家がグラグラ揺れていたって気にならない。遠恋は無敵ですわねぇ。

「働くのよ、私の為に」 とでも言うように、無言のエールを送り続けています。



お昼寝中のにゃん太。
こちらは、働かないお兄さん。

「何を言うのだ!!!昼寝は立派なお仕事なのだ!!!」 BY にゃん太



            
スポンサーサイト
            
                                  
        

ジャックオーにゃん太ン

category - 3nyan's Photograph
2015/ 10/ 16
                 

巷には、オレンジ色のカボチャが溢れかえっていて、どこもかしこもハロウィン・ハロウィン。
すっかり、お馴染になりましたわねぇ。

私が最初にハロウィンを知ったのは、かれこれ30年近く前になるでしょうか。
当時、ソニープラザで、黒い魔女服を着て、箒にまたがっているスヌーピーを見つけて、「可愛いなぁ」って思ったのが切っ掛け。
それがハロウィンの仮装だと知ったのも、このすぐ後でした。
そのスヌーピーは、引っ越しの時に置いてきてしまったので今は無いけれど、同じものは見かけないなぁ。
あったら、また欲しいです。


「おやつをくれないと、お風呂場に籠っちゃうぞ」 BY にゃん太





これは、パン屋さんで見つけた可愛いパン。
中にはカボチャ餡が入っていました。
                         
                                  
        

衣替え

category - 3nyan's Photograph
2015/ 10/ 09
                 

カラッと晴れて、気持ちが良い天気。
こんな日がお休みって、とても幸せ♪ 

お布団干して、クローゼットの中を整理して、衣替えしました。

このところ急に、朝晩冷えるようになってきて、今までは、手前にあるものを引っ張り出して来ていたのですが、流石にもう、夏物と入れ替えないとなぁ・・・と重い腰をどっこいしょっと。

足元をウロチョロとしていたころが懐かしい3にゃん。
もう、この状態には慣れちゃったのか、今では、皆さん思い思いの場所から眺めてます。
「要らんお手伝い」してくれなくなっちゃったなぁ。

終わったころに、にゃん太がやってきて、クローゼットの中を眺め

「うん、良いんじゃない?」 って感じで去って行きました・・・。

もう少しさ・・・何かあっても良いんじゃないのかねぇ・・・。


「ボクらも、もうじき衣替えなのだ」 BY にゃん太

そうそう、もうじき冬の毛が生えてくるねぇ。
                         
                                  
        

大騒ぎで行ったり来たり

category - 3nyan's Photograph
2015/ 10/ 05
                 

私自身が入院する前に、兎に角3にゃんのワクチン接種を済ませようと、思い立って行ってきました。

大騒ぎでキャリーバッグに3にゃんを詰め込み、タクシーに乗り、獣医さんに行き、大騒ぎでキャリーバッグから3にゃんを引きずりだして、ワクチン接種を済ませ、またタクシーに乗り帰宅。
その後も、何だか怒っちゃっているにゃん太には「シャ~シャ~!!!」されまくり、ビビっている明には逃げ回られ、麗には今にも泣き出しそうな顔をされ、何だかんだでドタバタと終了。

ようやく3にゃん共お昼寝に入った様子。でも、やはり、警戒態勢では居るようです。もう終わったのにねぇ。

以前は、ワンにゃんハイヤーを利用していたのですが、獣医さんの予約が取れても、こちらの方が予約で一杯って事が結構あり、このところは普通のタクシーを利用しています。
車を持っていたら楽だろうなぁって思うのも毎年の事。でも、普段は車は必要ないんだよねぇ。
あれば、行動範囲も広がるのだろうけど。

これで、ひとまず安心。
後は、どこかで尿検査が出来たら良いのですけどね。


「泣くわ・・・私、泣くわよ・・・」 BY 麗


                         
                                  
        

初、カテーテル

category - 3nyan's Photograph
2015/ 10/ 01
                 

一泊入院して、人生初のカテーテルを経験してきました。

局部麻酔なので、なんとなく分かるのかなぁって思っていたのですが、結構効く麻酔だったみたいなのと、寝不足だったのとで、半分寝ていた状態で、血管の中にカテーテルが入っている実感も何も無し。
途中で、お医者さんの「ものすごく順調ですよ」って声に返事はしたけど、何が順調なのかも分からず。
検査は30分かからないぐらいで終わりました。

結局、脳動脈瘤は大きいのが2個、ちょっと小さめなのが1個あり、一つはカテーテル手術、残りの2個は開頭手術をすることになり、一回目のカテーテル手術は11月に決定。
ようやく、一歩前進ですわねl。


が、この検査、後が大変だった・・・。

足を曲げると、カテーテルを入れた動脈から出血する可能性があるので、膝にシーネ(まあ、取り外し可能なギブスみたいなもんです)を着けて、3時間はジッと横になっている。それだけでも腰が痛くなる。
以前は、6時間でシーネを外して動けるようになっていたそうなんですが、夜間帯の出血に対応しずらいとの事で、次の日の朝まで着けっぱなし。
本来は、看護師さん達が来て、体位交換を手伝ってくれるはずが・・・一晩来なかった・・・。

自分でやりましたわ。ずっと仰向けじゃつらいもの。

シーネが外れたのは、翌朝の10時。もう退院の時間だよ。

それからドタバタと、退院の支度をしたり、次の入院の手続きをいたり、お医者さんから説明をうけたりと、色々あって、家に帰れたのは午後でした。

3にゃん、今回は一泊なのでシッターさんは頼まなかったけど、ちゃんとお留守番してましたよ。
部屋も綺麗だった。偉いねぇ。

でも、夜は皆一緒。
次々とベッドに集まってきて、ピトっとくっついて寝ました。
ホッとするね。

来月入院で、その時はシッターさんにお世話になり、次の入院(いつになるかは分からないけど)でも、同じ。
で、来年の3月以降には、喉のしこりを取らなきゃならないので、もしかしたらまた入院?

なんだか、病気ばかりの私です。


「ボクも、麗と明のお守はつかれるのだ・・・」 BY にゃん太

ごめんね、でも頼りにしてるんだ。